いつでもまっすぐ

えいととかつん、ときどききんき

4月11日

こんにちは。ゆきです。

前回の記事から一か月が経っていました。

まあ、就活が忙しいといえば、それが理由です。6月の俺節観に行くまでには内定を取りたいというのがふわっとした目標です。

 

突然ですが、私の父は会社の中では色んな企業の方から接待を受ける立場にあるみたいです。母も「お父さんがこんなに頑張ってるから一軒家に住めて私立の大学にも行けるんだからね」と言っています。有り難いことです。

母もパートから正社員になって子供(私)が高校に入って何かと手がかからなくなってからはバリバリ仕事をしています。母はもともと働くのが好きで、でも子供が小さいうちは時間の融通が利くパートでやっていたみたい。

母は「お父さんのコネでどこかの事務に入っちゃえば?」と言ってきます。

めっちゃナチュラルにコネを誘ってくる親ってどうなの(笑)

実際、父の名刺入れの中には私が受けたいと思うような地元の大企業のお偉いさんの名刺が入ってるみたいです。

母はのんきにそんなこと言えますけど、当事者(?)の私と父の立場になってくださいよ、気まずいったらありゃしません。父は「おまえが一言言ってくれればまあ頼んどくけど」と。そりゃ「いいところに就職できれば」という親心は受け取りますけど…。

 

うーん。私はそんなことしたくありません。

たしかにコネでどこかの会社に入ってしまえば、こんなES地獄からも抜け出せるし使えるものは使った方がいいに決まってますけど、もし、それでも私が就活を続けて「入りたい」と思える会社に内定を頂けたらコネの方を辞退するでしょう。

でも親の顔の手前、そんなことできません。

まあ、あと入社してからも親の顔を頭の片隅に置きながら立ち振る舞いをしないといけないのかなと思うと気苦労が大変そうなのでしません。

結局は自分のプライドと自分の可能性を信じたいという気持ちの二本立てなのです。

頑張れるとこまで頑張ってみたい。

コネは絶対楽なのはわかるけど、その後自分の首を絞めそうで怖いんだよな。

でもまだ4月だからこんなこと言えるのかな。内定一個も貰えなかったらどうしよう。

今年は採用いいって聞くからどこか拾ってくれないかな~。

というかコネって実際どうなんですか?そんなに簡単に使えるものなんですか?

周りにコネ使用者のサンプルがいなくて何が正解なのかすらわからないんですけど。

でも、そんなおおっぴらに話してる人がいないってことはやっぱりそういうことですよね。うんうん。危ない危ない。

 

☆☆☆

 

母は結構古い考え方の持ち主で普通に夕飯のときとかに「事務とかでザ!OLな感じで働いて結婚して子供産んでって、できるように可愛くしときなさいよ」と言ってきます。

いやいや、いつの時代やねん。

そんなとき父は「結婚だけが幸せじゃないし、そんな考え方は古い」と助け船を出してくれるので安心します。男性側(しかもお父さん世代)からそうい意見がでるってのがホッとします。

確かに母の言ったようなルートは幸せに見えるだろうし、子供がなかなか出来ない人にとっては母の何気ない「結婚して子供産んで」という「普通」がどれだけ幸せか、みたいな…。結婚が難しい人もいるかとは思いますし、それこそ人の数だけ事情があると思います。

でも、それをかわいそうな目で見るのは違うのかなって。

なんか、「幸せを他人が決めてはいけない」というよりかは、「他人を勝手に不幸だと決めつけてはいけない」と思うんですよね。

あ~~~頭がこんがらがってきました。何を言ってるんだろう。

 

 

就活のことを書いていたはずなのに全然違う話になりました。

もやもやしてたのがもっともやもやしてる。

あーおやすみなさい。

広告を非表示にする