いつでもまっすぐ

えいととかつん、ときどききんき

初めてA.B.C-Zコンサートに行ったらえび担になって帰ってきた(ネタバレあり)

こんにちは。タイトルが長い。ゆきです。

7月30日のえびのコンサート「5Stars 5Years Tour」(昼)に行ってきました。

 

 きっかけ

Twitterのフォロワーさんにえび担の方がいらして、私が「えび面白いな~」とか言ってったらありがたいことに色んな宣伝をしてもらってました。

それで軽率に「Reboot」と最新アルバム「5performer-Z」を買いました。

で、曲にまんまとハマり、(推しメンがいても曲にハマらなかったら興味が湧かないタイプ)じわじわとえびに浸食されていく。

えっ、ていうか今英語のつづりを見たくてジャニーズネット見てたら、年一シングル、年一アルバムみたいなリリースですね…。えっあの名曲たちはどこから出てくるの…?えっ…?

(あっ、DVDなんですね、異文化!)

 

そんな感じでゆるく「えびいいな~」と日々を過ごしてたら先ほど書いたえび担の方からコンサートを誘ってもらい行くことになりました。

とりあえず、TVで流れるデビュー曲とshowe rgateとMoonlight walkerとfantastic rideとパフォーマーZのアルバム曲だけ知ってる状態でin城ホ。(意外と知ってた)

夏のコンサートって良いですよね。夏休み気分だし、お祭り気分だし、開場を待ってるオタクたちのざわめき感とか雰囲気がほんと好き。まあ冬も好きなんですけど。結局。

 

最初はフレッシュな曲というよりかは、お洒落で都会的な曲が多いオトナなグループだな〜品があるな〜〜のによく動くね〜〜という印象。

 

メンバーの印象

はしちゃん

最初はあんまり笑わない印象で、若いしなんか尖がってるのかな…。と思ってた。あと、日に焼けた肌に茶髪で山Pチルドレンぽいなと思ってた。←褒めてる!でも、なんかバラエティとか得意そうじゃないのかな?っていう、喋らないセンターみたいなところは似てるかな〜と思ってました。

特典映像を見てからは「はしわんこ…可愛い…」とちょっとずつ良さがわかってくる。一応、私より歳上なのに超失礼だけど。

コンサート終わってからの感想は

「まじ王子様じゃん…♡♡」

です。わんこだけどわんこじゃなかった。ファンサがすごい。一人ひとりにじっくりすぎて、いつか刺されるんじゃないかと心配してる。そこらへんのホストよりホストしてる(褒めてます)

そして、ただ立ってるだけで絵になる。あと、表情の作り方がただただかっこいい。元から良い顔がもっと良くなる。自己プロデュースに長けた最年少良い.....。メンカラ赤は誰がなんと言おうとあんただよ…。

最後の挨拶の時に「今日のコンサートずっと笑ってて。すごい楽しかった。…いや、前のコンサートも楽しかったけど!」(ニュアンス)みたいなことを言ってて、なんて良い子なんだろうって。私が感じていたより、この人はA.B.C-Zが好きなんだなと思いました。歌ってる最中も「(歌詞)忘れた!」とか、「ちょ、歌ったの誰??!」(橋本パートを河合君が横取りして歌ってたw)とか和気あいあいとしてて無邪気でした。私が感じてたイメージはあくまでイメージであって、ポジティブな方向へ印象が変わりました。

 

とっつー

顔が良い。のに、なんか変(失礼)。

えび-1グランプリでは障害物競走のとっつーに大爆笑し(これはもう見てくれとしか言いようがない)、お弁当対決でもその常識を逸脱した発想に驚きを通り越して尊敬の念を抱いてました*1。塚ちゃんもアウトな人でブレイクしましたけど、この人も塚ちゃんとは別方向でクセが強いなと。

コンサートに関しては、顔が良すぎてグッズのフォトセを買ってしまった。MC中もニッコニコで戸塚語録を生み出すのでこの人は目が離せない。

席がバクステ側の席でアンコールの時にスタトロが通ってきて、近くてお顔を拝見できたんですが、まあー顔が美しい。バクステのところで恒例の(?)ペンラの合わせるやつ(察してください)をやってくれてたのでちょっとだけ長く見ることが出来ました。「ああ...本物...TVに出てる人だ...」と感動。表情筋がすごい柔らかい。

リカちゃんの時にKOOさんぽい衣装で出てきて、その後の寸劇も語尾が全部「EZ DO DANCE」で、笑いのセンスがすごかった。

今回のソロ曲に関しては「僕の心は君の形をしている」という歌詞が出てきますが、私はこの文章に本当に雷に撃たれたような衝撃を受けました。こんな文章を書ける人がいるなんて...寺山修司もびっくりだよ。

この人はこれからも追っていきたいなと思います。

 

塚ちゃん

アウトなジャニーズとして、アウトデラックスに出ていたのは知ってるし、何ならその回見ました。正直なところ、「やべーやつ出てきたな。いまやジャニーズも若手はなんでもやらないと生きていけないのか.....」(めっちゃ失礼)なんて他人事でしたが、今や応援すると決心してるんですから人生何が起こるかわからないですね。

コンサートは.....なんかもう色々とすごい。語彙力が無くなった。ツッコミどころが多すぎてなんも言えない。リカちゃん可愛いし、ポールダンスやるし...ていうか、ソロの演出が爆笑した。あとはバク転をやって頂いたんですが、脳みそグラングランしないのかな...??彼の脳みそだけが心配です。

ニコニコでお手振りをされるので、尊い。天使。

 

五関くん

最初のイメージは「ジャニーズ生まれ、ジャニーズ育ち」だなって。失礼なのかもしれないけど、ジャニーズのことはなんでも出来るけど、ジャニーズ以外のことは出来ない、みたいな。そんなイメージでした。(えびファンの人怒らないで)あとは、よく雑誌で和室で蚊帳を被せられて特殊性癖女子を殺しにかかってる人だなと。はっきり見てないので何とも言えないんですけどね(笑)

 

コンサートの感想は、はっきり言って彼氏にしたい。っていうか彼女にさせて下さい(やめろ)

もうただそれだけ。誰か.........五関くんを1人下さい.........。(五関くんを求めすぎて路頭に迷う)

いや、なんかもう、言葉に出来ない。フェロモンっていうのかな、ダダ漏れなんですよ。五関くんが言う言葉にいちいちときめく。 

私にはわかるんですよ.....五関くんだけはダメだ.....ハマったら最後だ.....って。なんか危なそう。

さっきは特殊性癖女子とか言ってましたけど、撤回します。全女子に刺さる五関晃一。

 

河合くん 

コンサート前の印象は、静止画の帝王ね。たしかに顔かっこいい〜でも、なんかすぐちょける??カッコイイのに勿体ない...思ってました。

コンサート見てからは、ほんっっっっっっっとにカッコよかった!!!!!(あんまり変わってないww)

髪型がサラサラで歌う時に手でかきあげてて、超歌いにくそうな踊りにくそうな髪型なんですけど(失礼)それがカッコイイんですよ!!!

で、歯が白くてニコッと笑うと爽やか。ほんとにかっこいい(それしか言えない) 

いや、コンサートで完全に堕ちたってことで、担当にするなら河合くんかな〜と薄々気づいてはいたんです。アルバムの特典の「ふみトーク」で戸塚くんが「何してる時が一番楽しいの?」って質問してて、その質問に対して「踊ってる時が一番楽しい。踊るのが好きでジャニーズを知って〜」(ニュアンス)ってのを聴いて、「小さい頃からの『楽しい』をずっと持ってて一途でなんか良いな」って思ってたんですよね。で、これもアルバムの特典なんですけど「エビ-1 グランプリ」もで色々と可愛くて。

私、可愛い人に弱いんですよ(聞いてない)、安田さんも然り。

コンサートもMC中にどっかで塚ちゃんに蔑ろにされてるくだりがあって不憫可愛いかった。あと、ダンスしてる時もやっぱり楽しそうでクルクル表情が変わるんですよ。それがずっと観てたいなと思いました。カッコイイし、可愛い。なんだろう、この気持ち。早速Jwebでブログも読みましたが、可愛い。

総じてピュア(よう知らんけど)。なんかジャニーズって何故か知らないけど各グループに1人「お姫様枠」みたいな人おるじゃないですか。A.B.C-Zは河合くんだと思うんですけど、えび担さんから見て合ってる?

 

あっ、「Reboot!!」の振り?河合くんが逆立ちしてはしちゃんとグルングルンするやつ、首が心配...首折れないのかな??凄いけど怖い.....(笑)

お願いだから体に優しいアクロバットを...(わがまま)

 

ここが凄かったえびコン!!

①ステージセットが可愛かった!

まあ、これは今回のコンサートだけの感想なんですけど舞台のステージセットが良かった!!星型のステージに、夏らしく80sな感じの電飾で、女の子好きそうな感じで可愛かったです!!!

A.B.C-Zは星モチーフがあるから他のグループよりデザイン面で強いな〜〜と思います。(エイトさんも∞マークあるから強いかな?) ファンの人たちも星型のヘアピンつけたり星柄のバック持ったりしてて、気軽にアピール出来るのありがたいですよね。

あと、FCの会員カードとかのマーク(海老と星が一緒になってるやつ)、あれ可愛いですよね〜〜!!!

いや、やっぱりお洒落だな〜〜!!!

 

②後半の演出の星の空中ステージが凄かった! 

あの、わかります??後半戦から出てくる星の空中ステージ。あれ、私初めて見たので超ビックリしました。そして傾く!!?!ビックリしすぎて「えっ??えっ!?なに??えっ!?凄い...えっ??」って混乱しかしてなかったww

傾き具合がハンパじゃないんですよ!!!!本気で落ちるんじゃないかと思うくらい。(メンバーは腰を固定してるので大丈夫なんですが)

で、その時にロックテイストの歌を歌っててほんと圧倒されて。はしちゃんの高音が凄かった!(しかし曲名がわからない)

正直、A.B.C-Zにあんなカッコイイ曲があるなんて知らなかったので、とても興奮しました。早くドームで火をぶっぱなそう??  

今回好きになった曲たち

初めて行ったということで、知らない曲が沢山ありました。しかし、楽しくって大好きになりました。今回好きになって、調べがついた曲たちを書きたいと思います。

 

①Walking on Clouds

これ絶対外国の人が作曲しましたよね??すごいワールドワイドな感じがします。

明るくって爽やかで突き抜けたようなメロディーですごくお気に入りです。途中からのサックスがまた良い。こういう落ち着いた明るい曲って良いですよね。

花言葉

オリエンタルな曲調で真面目に愛を歌ってる。じーんとする曲。まずイントロが秀逸ですよね。サビでファンが振りをみんなでやるのもファンに愛されてるんだなあと感じました。私は全然できなかったので、次やるとしたら完璧にしたいです。

私は次期「Love So Sweet」にしてもいいんじゃないかと思ってる。

A.B.C-Z LOVE

どこのグループにもある(と思ってる)メンバー紹介ラップ。

「とっつーとっつーとっつー…」とかすごく盛り上がるし、コンサートではJr.の子たちがオタ芸みたいな感じで煽ってて面白かったです。

単純にコンサートで盛り上がったので好き。

 

 

 

はい!こんなとこですかね。感想としては。

今までA.B.C-Zのことを大型歌番でしか見たことなくて、こんなにカッコよくって楽しくってオシャレなグループだとは知りませんでした。

そんなこんなでコンサートの帰りに会場でFCに入り、河合君を担当にしたいなと思い、私の初えびコンは幕を閉じたのでした。

今読み返すと、なかなか読みにくい感想ブログになってしまった。

 

まだまだ知らないこと沢山あるので、楽しい!私は、Twitterやファンブログで情報を収集するタイプなので、読んだ方がいい(?)方のブログとかあったら教えてくださーい!なんかアドバイスあればコメント待ってます!!(人頼み)

 

おわり

*1:透明のタッパーの内側を米で覆い、中を見せれないようにして、その中にシュウマイを詰め込むという弁当界を激震させた衝撃作。

アルバム「ジャム」感想

こんにちは私です。

絶賛コンサート期間中で、名古屋公演からの私は完全に置いてきぼり。

(名古屋4日と東京15.16日と参戦させてもらえることになりました!!涙)

まだ時間があるので、アルバム「ジャム」のサクサク感想なんかを書きたいと思います〜!!

 

1.罪と夏

言わずもがな。夏もやるし冬だろうがやる、安定のシングル曲。でも、アルバム1発目に持ってくるとは思わなかった!でも、最後の曲からリピートで罪と夏がかかるとやっぱり安心する。

 

2.今 

イントロとか感想とか可愛い歌唱パート以外が秀逸。いや、歌唱パートも好きです。

大倉さんと錦戸さんかな?

いつまでも 此処にいたいけれども

の「れ」の発音が好き!(ピンポイント)

あと1番から2番への間奏も好き!

開放感とハピネス 。 編曲が菅野ようこさんなのでどうしてもカードキャプターさくらが出てきてまう。世代。PVも「はにゃ~ん♡」ってなりますよね。

 

3.DO NA I

私の周りでは高評価のDONAI。

この曲は丸山さんがほんとに良い

「ダメだ・・・Pretty girl いいボケが浮かばない」

とか

助け出すぜ かならず

長い月から金の出口のない

その迷宮 Take you! 迷宮 Take you!

とか本当に器用。アカイシンキロウとかこういう感じでしたよね。(アカイシンキロウ大好き芸人)パフォーマンス込みの方が盛り上がる曲だなぁという印象。

関ジャムでも取り上げられたし、夏コンのエンドロールでは「DO NA I ジャム Rimix」になるんじゃないかという予想。

 

4. なぐりがきBEAT

DO NA Iからの流れが良い。どっちもブラス使ってるし、ゴージャスな夜って感じの曲だからここにきてのなぐりがきが良い。

この曲も好きだな。ちょっと切ない曲調できゅんとなる。この曲も好きなんですけどシングル曲なので割愛。

 

5.夢への帰り道

ライブでやって欲しい!絶対泣けるやつ!

にしても考察しがいのある歌詞だな〜。

 

6.えげつない

Twitterで呟いたのでそれに補足という感じで。

まるりょのラップは「まるrrrやまぁぁぁぁ!!!

」って怒鳴って、丸山さんが「亮ちゃん怖いねんもん」ってビビって、村上さんが「お前のが年上やんか」って発破かけるまでがワンセット(笑)

それをeighterが「ほほえみ(*´ω`*)」とにっこりしてるまでがデフォルト。

なんか、すごくこの曲聴くとプリ機のラクガキコーナーとか思い出すんですよね(笑) 実際パラパラとかユーロビート系の曲、よくゲーセン行くと流れてますよね?(笑) まだ、足が長くなる機能が付いてなかった時代。

今のプリクラ機はゆるふわ全盛期なので多分かかってない。予想。

王子様的な「甘い」と未熟という意味の「甘い」と

「甘い」が掛けてあるわけなんですけど、それをクールな錦戸さんや渋谷さんを見習えって(笑) なんという皮肉。

でも、この一文で3人のファンサを紹介(?)してるわけですから凄いですよね。

あと、大倉さんの

あれぇ〜?ヤスどこ行きましたぁ?

が言い方ムカつくww 

「いきなりドッチ」とか倉子もそうですけど、バカにした言い方とかおちょくった言い方とか大倉さんの右に出る者はいないと思ってる。(褒めてる)

その他、「偏西風」だとか、「一筆で描いた二つの円は大団円になって」とか、ファンの心をつかむ歌詞が多い。

こういうことされるとさぁ〜岡崎さん応援したくなるんだよね〜!!!!

撮りあいメイキングの影響からかこの曲も今回の夏コンのエンドロール候補曲になると思う。

コンサートでは団扇を使うとのことですが、私の団扇はカッティングシートじゃなくて画用紙で、しかもふちを3重ぐらいで分厚いので扇ぐとミシミシ言いそう(笑)

 

7.パノラマ

この曲もシングルなので短く。夏コンではやらなさそうな気がする。改めて聞くと間口が広いというか、誰にも嫌われない曲だなぁと思った。

そういえば、錦戸さんがレンジャーで曲の解説してくれた時がありましたけど、パノラマのすっ飛ばし加減が半端なくて笑いました(笑)まあ、まあ、まあ。

 

8. Never Say Never

この曲好きなんですよ〜〜〜!!!

まず、イントロのドラムからの

So i think,Never Say Never

So i think,Never Say Never

まで!!!ここでもう好き!!!

そんでもってずっと上のハモリが続いてるのが気持ちいいなと!

間奏のダークでロックな感じも良いし、ところどころ入る加工の入った大倉さんの声も良いなと!(え、大倉さんの声ですよね?確証が持てない)

巷では「stereo」と「Big blue sky」のイントロに似てると話題です。たしかに!

 

9.侍唄

これはシングル曲なので割愛なんですが、歌詞カードが好き。ガッ!!と右に寄せた歌詞カード。

歌詞カードの錦戸さんがxxxHOLiC百目鬼静に見える。(どうでもいい) (CLANPオタクがばれる)

錦戸さんが読売ファミリーのインタビューに「関ジャニ∞の曲で好きな歌は?」って質問に「侍唄」って答えてましたね。

 

10. S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T起き

アルバムの中で1番好き! コンサートでも初っ端でもいいし、最後らへんでも良いなという印象。というかどこでもテンションぶち上げな曲。

まーこのー

あーそのー

あそこのー

あのこのー

が横山さんと村上さんってところが痺れる。

スタンドマイク抱えて歌ってほしすぎる。昔のコンサートみたいに大山田だけ楽器であとのメンバーは会場をまわってほしい。(DVDで見ただけなんで実際の感じはわからないんですけど)私の中でこれは「ゴリゴリ」とか「情熱Party」みたいな位置づけですかね。ワンツーワンツーしたい。ありがとう、ユニコーンさん。コンサート想像して興奮して夜しか眠れません。(充分)

 

イントロとかディープパープルの「Burn」に似てるなぁと思いました、あくまで私の中だけですけど。

Deep Purple-Burn - YouTube

 

11. NOROSHI

大本命のろしちゃん。 今回のコンサートではやるかなーやらないかなー?というところ。

夏にやるにしては暑苦しすぎるか。うーむ。

こんだけ、アルバム曲が豪華なので今回はシングルは少ないかなと予想してます。罪夏やりそうだし。

 

12. 青春のすべて

名曲・・・。私、今だから言えるんですけど(?)、いきものがかりさんの曲ってあんまり好きじゃなくて。なんか万人受けするし、ありきたりなテーマだし(好きな人ごめんなさいね、完全に私のひがみです)、まあ、とにもかくにも好きじゃなかったんですけど、この曲は好きだなと思いました。

たぶん、エイトさんが歌わなくても、聖恵ちゃんが歌っても好きだと思います。

なんか、やっぱりタイミングってあるんだなぁと思います。

2番Aメロのすばるさんパートが好きです。

起きがけのニュースで知った

いつのまにか桜が咲いたと

ここ!!

そこからの横山さんの

「君はもういない」

 

切ない・・・!!!

 

この曲はコンサートのラストで歌うんじゃないかな〜と予想してます。

 

15.生きろ

すばるさん作詞作曲。初っ端からすばる節全開ですね。にしてもこの曲難しいな〜〜!!!

「あなたを生きて」というメッセージがやばい。

それを全員が歌ってるのがまたやばい(語彙力)

これ生で聴いたら号泣するやつじゃない??

 

重いオタクでごめん(笑)

私、サンボマスターさんとかの歌詞世界が好きなのでこういう曲大好きです(笑)

 

14. JAM LADY

安田さん作詞作曲。

全然聴いてなかったんですけど、この感想を書くために聴いたらめっちゃいいじゃないですか〜!!

チープで頭の悪そうなエロ!!(褒めてる!) 

「わぁ〜〜お!?♡♡♡♡」

から始まるので朝聴いてます(目が覚める)(良い子は真似しちゃダメ!)

エイトさんってちゃんと30代のおっさんで、下ネタ好きで、肉食で(少なくとも私にはそう見える)、えっちですけべそうなところが良いというか。(褒めてる)

居酒屋でベロベロになってゲラゲラ猥談話してそうな感じが好きですよね。なんかえっちな話をしているはずなのに、みんな明るすぎて下品さより楽しさが勝っちゃうみたいな。また違うグループじゃ成り立たなさそうだと思うんです。

 

  • 大倉さんの「メロメ~ロ」と「エーロテロリスト」がチャラいいいい\(^^)/ それでこそ、大倉さんだ〜!!「今」も含めて大倉さんのラ行良いな…。予告無しテロ期待してる!
  • 錦戸さんの「れっつごーれっつごー」の部分。
  • あーはん!あーはん!あーはん!あーはん!が好き。もはやここではエロさを感じないwwハモり?が気持ちいい!
  • すばるさんこういう曲も似合うよなぁ・・・。声質を湿にも渇にもできる凄いなぁ、。
  • 7人のエロテロリストの同時多発テロですね!!
15. Traffic

ひぃぃぃぃぃ!!!おっしゃれ〜〜〜!!!

渋い!のに!華がある!なんじゃこれ!

やっぱり錦戸さんはハズレがない!!

なんなんもう!!!ずるいなぁ〜〜!!!

安田さんの曲とはまた違った早口で、早く覚えて歌いたい。

まず、最初のカッティングよ!!(←関ジャムで知りました) ストリングスも入ってて疾走感はんぱない!!

あと、「ビースト」とか「Your WULITZER」もそうなんですが、錦戸さんの敬語良くないですか??

 

そんな迷いも生じてきちゃいます

とか

 

もしよろしければお次のサービスエリアで僕とお茶でも

とかさ~~!!!私はホイホイついてく。

  • 「なるはずなんてない」の「はず」のしゃくりがカッコイイ〜!!
  • 「ところが」のすばるさ〜〜〜ん!!!
  • 「美人なお姉さん」はすばるさん恒例の目線タイムだと思ってます。下さい!待ってる!!
  • 美人なお姉さんの車が「baby in the car」だったってのは錦戸さんの実体験ですよね?多分。じゃなきゃ思い浮かばないと思う。…まあわからんでもない、今のお母さんみんな綺麗だよね。「まじで!?子持ち???」みたいなスタイリッシュお母さんいたりするし。

f:id:akarazmade:20170714063925j:image

イメージはこんな感じ。

え、え、これどんな演出なんだろ〜〜!!!楽しみですね〜〜!!!!とりあえず、1番Aメロの安田さんはカメラ目線下さいね???お願い

特効バンバン使ってほしいな〜〜!!!火薬ぶっぱなして欲しい。火力は説得力だからさ〜〜(?)(火薬バカ) 

 

すみません、ジャニオタになる前はライトな2次元オタクだったのでインスピレーションが2次元でほんと申し訳ないです。でも!アクションあり、カーチェイスあり、シリアスあり、笑いあり、な感じはバディものの刑事ドラマとか似合いそうじゃないですか???あーーイラストが描けてパソコンに詳しかったらMAD*1作ってるわ…。

 

Answer

こ、この曲も渋谷さんだあ~と思う。なんか「ハダカ」に続く曲だなと思う。

この3人に関しては「音で遊ぶオトナ」っていうイメージが強くて。良い意味で置いてかれるというか、むしろ置いてってくれ、そこに出来た道を私たちは追うから。みたいな(突然の謎ポエム)

いや、もう、さらに1ステージ上に行きましたよね。

歌詞分析は抜け出せなくなると思うのでしませんが、ほんとに3人ならどこへでも行けるんだなって思いました。

 

ノスタルジア

 Perfumeか?と思わせるイントロから始まったのは、超激エモMAX曲。この曲を聴いた時、卒倒しました。この曲コンサートで真面目に聞けるのかな…。昇天しそう。

はあーー、田中さん、蔦谷さんありがとう。

「飲み込んだ涙の味が甘くなくて良かった」なんて

 なんちゅう歌詞…

 

逃れられないメビウス

メビウス。ネットで検索すると、【メビウスの輪は、簡単に言うと「帯を半回転ねじって輪にした形であり、その上で線を書いていくと、裏面が無くまた元の位置に戻ってしまう形のこと」。「終わりなき・・」の意味に使用される】なんて出てきます。(検索結果のほんの一部ですが)。まさに∞マークそのものだな、と感じました。

4人の終わりなき進化を歌ってるんじゃないかな。

歌詞の冒頭の

遠い日の星祭り

はしゃいで寝転んだ 河川敷

天球儀をまわしては 僕らは宇宙と話していた

過ぎ去った季節に 消えてった街並み

瞼の裏にある景色

好きだって言えずに 静まった軒先

どこからか聞こえた花火

過去を懐古しているような歌詞。原点回帰ではないけど、それこそ30代に入って改めて「元の位置に戻って」思い出してるのかなと思います。あと、メビウスってもともと人名で天文学者なんですが、そこから「星祭り」なのかなと。

逃れられないメビウス 

と言っていますが、その次では 

変わってゆくって わかってたあの日

僕ら 走れるだけ駆け抜けた

強がって さすらって 戻れない場所で

今日も その続き を歌ってる

と書いてあるんですよ。個人的解釈ですが、前に進んでたつもりがメビウスの輪によって元の位置に戻ってしまわないように、必死に走って駆け抜けてメビウスの輪を抜け出して、戻れない場所(戻らないと決めてるのかもしれない)で、続き(=後の人生)を生きている。のかなと。今だから過去を振り返るけど、過去には戻らない、みたいな。私はそういう解釈で生きてます。

上3人の独特の絆があるように、下4人の絆も相反してあると思うんですよ。

上3人の「Answer」もこれまでを振り返った曲でしたが、「ノスタルジア」も下4人のこれまでを振り返った曲なんだろうか、なんて考えちゃいました。

 

 まとめ

上手く伝わってるかな…??

今回のアルバムはメンバー曲とユニット曲がメッセージ性が強く、いよいよほんとに音楽への意識が高まってきてるんだなと思いました。(下4人ユニットの楽曲制作は違いますが)

受け取るものが多くて大変でした。し、まだまだ考えることが出来そうな曲ばかりで深いアルバムになったのではないかと思います。

 

秋にペコジャニがレギュラー化しますし、関ジャニ∞は今まさに階段を駆け上がっている最中なんじゃないでしょうか。彼らの頑張りが報われますように。

最高の夏にしようね!!

 

 

 

*1:MADムービー(マッドムービー)とは、既存の音声ゲーム画像動画アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したもの。単に「MAD」と呼ばれることも多く、ネットコミュニティにおいてはもっぱらこの呼称が主流となっている。ただしパソコンCGソフトが普及した21世紀初頭には「手書き(描き)MAD」という用語が出現するなど意味の拡散がみられる。主にファン活動の一環として行われる」wiki 引用

ファンレターを書いた日のこと

▽手紙を書こう

安田さんの舞台「俺節」初日当日、TwitterのTLに飛び込んできたのは「お手紙BOX」という文字でした。あの安田さんにお手紙が書けるの??安田さんに届くの??読んでもらえるの??常々ファンレターは書きたいと思っていたけど、これは今しかない、今じゃないと書けない、たぶんこうやって向こう側から煽ってくれないと私は一生手紙なんて書けないだろうなと思いました。

 

私がお手紙を出す時に気をつけたのが「応援と感謝」「気持ち悪くない『好き』」という2点でした。

とりあえず、あの、普段Twitterを見てもらってる方にはわかると思うんですけど「好き」の前に気持ち悪さが出てしまうのが私なので手紙でそれだけはなんとしても避けたいと思いました。

まず、手紙というツールが今どき激重じゃないですか。いや、重くないんですけど書く内容によっては120gにも500kgにも作れちゃうわけじゃないですか。私は大変なことになりそうなので丹念に何回も推敲を重ね、何とかして可愛い女の子が「安田くんのこと応援してます♡」みたいなのにしたかったんです。(こじらせすぎ)

私たちがアイドルに夢を見るように、アイドルにだってファンに夢を見ていてほしい。

お仕事がやりやすいように、お仕事を純粋に楽しめるように、「ファン」というものを可愛く重くなく綺麗なものとしてこちらも提示したい。

まあ、入所して20何年も経ってるし色々な経験もされてるだろうから安田さんにとってそんな気持ちは今更感はありますけど、これが何百kmと離れた私が放つささやかな願いなんですよ。

いいじゃないですか、日本の片隅にこんなオタクがいたって。(勝手にしろ)

▽レターセット

まず、手紙書くならレターセット買わなきゃ。

自分の使いかけのレターセットが何個もあったけど、全部安田さんに送るには似合わないような気がした。東急ハンズやらloftやら色んなところを見たけど、かねてからの優柔不断も手伝ってなかなかこれといったレターセットが見つからずにいた。

そんな中、「まあ、これなら・・・」と、とんだ上から目線だけど気に入ったレターセットを発見した。便箋と封筒に青い縁取りがしてあるだけのシンプルなレターセット。まあまあレターセットとしては高かったけど好きなアイドルファンレターバージン捧げるんだし*1最初くらい高くてもいいやと勢いで買ってしまった。そもそも、たかがファンレター1通になに命かけてんのっていう話で、あんたのやるべきは就活では??というツッコミも重々承知なんですけど、これをやらない事にはおちおち就活もできないのである。(別に偉そうに書くことではない。)

そんなこんなでレターセットを手に入れた私は自分が観に行く日まで暇さえあれば何を書こうかうんうん考える日々となった。

▽手紙を書こう

とりあえず、上記の「応援と感謝」「気持ち悪くない程度の『好き』」を意識して書く。書くんだけど話があれよあれよと脱線する。

基本、こんなブログをやってるのでおわかりかと思いますが、自分語りをしがちな人です。

なので長くなりそうだったんですが、意外にも便箋2枚弱で収まりました。丁度いい文量。

なーんだ、こんなものだったのかと拍子抜けしました。

内容としては当たり障りのない「コンサート楽しみです」とか「never say never聴きました!良いです!」とか「身体に気をつけて頑張ってください」とか、本当に当たり障りのないことです。

あとはなんだろう、「『ありがとう』ってなんですかね?」とかいう謎の質問をぶつけました(笑)

や、とりあえず感謝を述べねばと思ったんですが、そもそも何に感謝してるんだろう、まずこの気持ちは感謝なんだろうかとか、色々と考えてしまって「ありがとう」の由来とか書いてしまって、変な感じの手紙になった気がします。まあ、でも安田さん自身もレンジャーで似たようなこと書いてる時あるしどうせ読まれないだろうし。

読まれることのない手紙なんで好き勝手書きました(笑)

f:id:akarazmade:20170612091623j:image

(こうやって自分の字をまじまじ見ると、斜めに上がってしまうのがもろ左利きの字って感じ。)

 

▽手紙をだそう

そんなこんなで書き終わり封を締め、手紙が完成したのが観に行く日の1週間前。

早すぎる。

はしゃぎすぎである。

 

まあ、なんやかんや1週間なんて光の如く過ぎ去っていくので書いといてよかったです。

 

当日。開場してすぐさまお手紙を出しに行きました。「安田章大宛レターBOX」の中に既に入ってる何通かの手紙。色んな字で書いてあって思わずまじまじと見てしまう。正直、1回の公演に何通手紙がくるのか私は知らない。でも、全公演分の手紙を合わせたら相当な数になると思う。

 

だから、どうか私の手紙は読まずに捨ててほしい。

いや、私だって丹精込めて普段汚い字もまあまあ綺麗に書いた。だけど、私のなんかより他の人が書いた俺節の感想を読んでほしい。たぶん、観劇2回目とかの人の前回の感想なんかを書いた手紙を読んでほしい。私のなんかどうだっていい。「これだけ来た」っていう数の一つになればいい。

なんかあのレターBOXに入ってたお手紙を見たら、皆いじらしいほどに丁寧に字を書いて可愛いレターセットで、可愛いシール付けちゃって。そういうキラキラしたお手紙が読まれればいいなと素直に思えた。

そうやって少しでも安田さんのプラスになるような手紙を読んで、安田さんのタメになってくれたらいいな。

 

本当に舞台お疲れ様でした。

私が観劇した中で1番うれしかったことは(と言っても1回しか見てないんですけど)安田さんが全力で演技をされてて、その中で自分自身の限界を越えようと、「限界」を更新し続けようとしてくれていたところです。(真実は彼にしかわかりませんが) 

涙もちょちょぎれたんですが、最後は晴れやかな笑顔で見終えることが出来ました。

この人に着いていこうと思うことの出来る、あの幸福感。誇らしかったです。

 

この人に手紙書けて良かったな。

 

「応援と感謝」「気持ち悪くない『好き』」はとうとう守られることなくファンレターは旅立っていったのですが、まあ今となってはそれも私かなと。

後は野となれ山となれ状態です。

 

コージ!またね!永遠にバイバイ!!

*1:漫画家さんへは何度か出したことがあるけど返事が結構帰ってくる。