いつでもまっすぐ

えいととかつん、ときどききんき

アルバム「ジャム」感想

こんにちは私です。

絶賛コンサート期間中で、名古屋公演からの私は完全に置いてきぼり。

(名古屋4日と東京15.16日と参戦させてもらえることになりました!!涙)

まだ時間があるので、アルバム「ジャム」のサクサク感想なんかを書きたいと思います〜!!

 

1.罪と夏

言わずもがな。夏もやるし冬だろうがやる、安定のシングル曲。でも、アルバム1発目に持ってくるとは思わなかった!でも、最後の曲からリピートで罪と夏がかかるとやっぱり安心する。

 

2.今 

イントロとか感想とか可愛い歌唱パート以外が秀逸。いや、歌唱パートも好きです。

大倉さんと錦戸さんかな?

いつまでも 此処にいたいけれども

の「れ」の発音が好き!(ピンポイント)

あと1番から2番への間奏も好き!

開放感とハピネス 。 編曲が菅野ようこさんなのでどうしてもカードキャプターさくらが出てきてまう。世代。PVも「はにゃ~ん♡」ってなりますよね。

 

3.DO NA I

私の周りでは高評価のDONAI。

この曲は丸山さんがほんとに良い

「ダメだ・・・Pretty girl いいボケが浮かばない」

とか

助け出すぜ かならず

長い月から金の出口のない

その迷宮 Take you! 迷宮 Take you!

とか本当に器用。アカイシンキロウとかこういう感じでしたよね。(アカイシンキロウ大好き芸人)パフォーマンス込みの方が盛り上がる曲だなぁという印象。

関ジャムでも取り上げられたし、夏コンのエンドロールでは「DO NA I ジャム Rimix」になるんじゃないかという予想。

 

4. なぐりがきBEAT

DO NA Iからの流れが良い。どっちもブラス使ってるし、ゴージャスな夜って感じの曲だからここにきてのなぐりがきが良い。

この曲も好きだな。ちょっと切ない曲調できゅんとなる。この曲も好きなんですけどシングル曲なので割愛。

 

5.夢への帰り道

ライブでやって欲しい!絶対泣けるやつ!

にしても考察しがいのある歌詞だな〜。

 

6.えげつない

Twitterで呟いたのでそれに補足という感じで。

まるりょのラップは「まるrrrやまぁぁぁぁ!!!

」って怒鳴って、丸山さんが「亮ちゃん怖いねんもん」ってビビって、村上さんが「お前のが年上やんか」って発破かけるまでがワンセット(笑)

それをeighterが「ほほえみ(*´ω`*)」とにっこりしてるまでがデフォルト。

なんか、すごくこの曲聴くとプリ機のラクガキコーナーとか思い出すんですよね(笑) 実際パラパラとかユーロビート系の曲、よくゲーセン行くと流れてますよね?(笑) まだ、足が長くなる機能が付いてなかった時代。

今のプリクラ機はゆるふわ全盛期なので多分かかってない。予想。

王子様的な「甘い」と未熟という意味の「甘い」と

「甘い」が掛けてあるわけなんですけど、それをクールな錦戸さんや渋谷さんを見習えって(笑) なんという皮肉。

でも、この一文で3人のファンサを紹介(?)してるわけですから凄いですよね。

あと、大倉さんの

あれぇ〜?ヤスどこ行きましたぁ?

が言い方ムカつくww 

「いきなりドッチ」とか倉子もそうですけど、バカにした言い方とかおちょくった言い方とか大倉さんの右に出る者はいないと思ってる。(褒めてる)

その他、「偏西風」だとか、「一筆で描いた二つの円は大団円になって」とか、ファンの心をつかむ歌詞が多い。

こういうことされるとさぁ〜岡崎さん応援したくなるんだよね〜!!!!

撮りあいメイキングの影響からかこの曲も今回の夏コンのエンドロール候補曲になると思う。

コンサートでは団扇を使うとのことですが、私の団扇はカッティングシートじゃなくて画用紙で、しかもふちを3重ぐらいで分厚いので扇ぐとミシミシ言いそう(笑)

 

7.パノラマ

この曲もシングルなので短く。夏コンではやらなさそうな気がする。改めて聞くと間口が広いというか、誰にも嫌われない曲だなぁと思った。

そういえば、錦戸さんがレンジャーで曲の解説してくれた時がありましたけど、パノラマのすっ飛ばし加減が半端なくて笑いました(笑)まあ、まあ、まあ。

 

8. Never Say Never

この曲好きなんですよ〜〜〜!!!

まず、イントロのドラムからの

So i think,Never Say Never

So i think,Never Say Never

まで!!!ここでもう好き!!!

そんでもってずっと上のハモリが続いてるのが気持ちいいなと!

間奏のダークでロックな感じも良いし、ところどころ入る加工の入った大倉さんの声も良いなと!(え、大倉さんの声ですよね?確証が持てない)

巷では「stereo」と「Big blue sky」のイントロに似てると話題です。たしかに!

 

9.侍唄

これはシングル曲なので割愛なんですが、歌詞カードが好き。ガッ!!と右に寄せた歌詞カード。

歌詞カードの錦戸さんがxxxHOLiC百目鬼静に見える。(どうでもいい) (CLANPオタクがばれる)

錦戸さんが読売ファミリーのインタビューに「関ジャニ∞の曲で好きな歌は?」って質問に「侍唄」って答えてましたね。

 

10. S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T起き

アルバムの中で1番好き! コンサートでも初っ端でもいいし、最後らへんでも良いなという印象。というかどこでもテンションぶち上げな曲。

まーこのー

あーそのー

あそこのー

あのこのー

が横山さんと村上さんってところが痺れる。

スタンドマイク抱えて歌ってほしすぎる。昔のコンサートみたいに大山田だけ楽器であとのメンバーは会場をまわってほしい。(DVDで見ただけなんで実際の感じはわからないんですけど)私の中でこれは「ゴリゴリ」とか「情熱Party」みたいな位置づけですかね。ワンツーワンツーしたい。ありがとう、ユニコーンさん。コンサート想像して興奮して夜しか眠れません。(充分)

 

イントロとかディープパープルの「Burn」に似てるなぁと思いました、あくまで私の中だけですけど。

Deep Purple-Burn - YouTube

 

11. NOROSHI

大本命のろしちゃん。 今回のコンサートではやるかなーやらないかなー?というところ。

夏にやるにしては暑苦しすぎるか。うーむ。

こんだけ、アルバム曲が豪華なので今回はシングルは少ないかなと予想してます。罪夏やりそうだし。

 

12. 青春のすべて

名曲・・・。私、今だから言えるんですけど(?)、いきものがかりさんの曲ってあんまり好きじゃなくて。なんか万人受けするし、ありきたりなテーマだし(好きな人ごめんなさいね、完全に私のひがみです)、まあ、とにもかくにも好きじゃなかったんですけど、この曲は好きだなと思いました。

たぶん、エイトさんが歌わなくても、聖恵ちゃんが歌っても好きだと思います。

なんか、やっぱりタイミングってあるんだなぁと思います。

2番Aメロのすばるさんパートが好きです。

起きがけのニュースで知った

いつのまにか桜が咲いたと

ここ!!

そこからの横山さんの

「君はもういない」

 

切ない・・・!!!

 

この曲はコンサートのラストで歌うんじゃないかな〜と予想してます。

 

15.生きろ

すばるさん作詞作曲。初っ端からすばる節全開ですね。にしてもこの曲難しいな〜〜!!!

「あなたを生きて」というメッセージがやばい。

それを全員が歌ってるのがまたやばい(語彙力)

これ生で聴いたら号泣するやつじゃない??

 

重いオタクでごめん(笑)

私、サンボマスターさんとかの歌詞世界が好きなのでこういう曲大好きです(笑)

 

14. JAM LADY

安田さん作詞作曲。

全然聴いてなかったんですけど、この感想を書くために聴いたらめっちゃいいじゃないですか〜!!

チープで頭の悪そうなエロ!!(褒めてる!) 

「わぁ〜〜お!?♡♡♡♡」

から始まるので朝聴いてます(目が覚める)(良い子は真似しちゃダメ!)

エイトさんってちゃんと30代のおっさんで、下ネタ好きで、肉食で(少なくとも私にはそう見える)、えっちですけべそうなところが良いというか。(褒めてる)

居酒屋でベロベロになってゲラゲラ猥談話してそうな感じが好きですよね。なんかえっちな話をしているはずなのに、みんな明るすぎて下品さより楽しさが勝っちゃうみたいな。また違うグループじゃ成り立たなさそうだと思うんです。

 

  • 大倉さんの「メロメ~ロ」と「エーロテロリスト」がチャラいいいい\(^^)/ それでこそ、大倉さんだ〜!!「今」も含めて大倉さんのラ行良いな…。予告無しテロ期待してる!
  • 錦戸さんの「れっつごーれっつごー」の部分。
  • あーはん!あーはん!あーはん!あーはん!が好き。もはやここではエロさを感じないwwハモり?が気持ちいい!
  • すばるさんこういう曲も似合うよなぁ・・・。声質を湿にも渇にもできる凄いなぁ、。
  • 7人のエロテロリストの同時多発テロですね!!
15. Traffic

ひぃぃぃぃぃ!!!おっしゃれ〜〜〜!!!

渋い!のに!華がある!なんじゃこれ!

やっぱり錦戸さんはハズレがない!!

なんなんもう!!!ずるいなぁ〜〜!!!

安田さんの曲とはまた違った早口で、早く覚えて歌いたい。

まず、最初のカッティングよ!!(←関ジャムで知りました) ストリングスも入ってて疾走感はんぱない!!

あと、「ビースト」とか「Your WULITZER」もそうなんですが、錦戸さんの敬語良くないですか??

 

そんな迷いも生じてきちゃいます

とか

 

もしよろしければお次のサービスエリアで僕とお茶でも

とかさ~~!!!私はホイホイついてく。

  • 「なるはずなんてない」の「はず」のしゃくりがカッコイイ〜!!
  • 「ところが」のすばるさ〜〜〜ん!!!
  • 「美人なお姉さん」はすばるさん恒例の目線タイムだと思ってます。下さい!待ってる!!
  • 美人なお姉さんの車が「baby in the car」だったってのは錦戸さんの実体験ですよね?多分。じゃなきゃ思い浮かばないと思う。…まあわからんでもない、今のお母さんみんな綺麗だよね。「まじで!?子持ち???」みたいなスタイリッシュお母さんいたりするし。

f:id:akarazmade:20170714063925j:image

イメージはこんな感じ。

え、え、これどんな演出なんだろ〜〜!!!楽しみですね〜〜!!!!とりあえず、1番Aメロの安田さんはカメラ目線下さいね???お願い

特効バンバン使ってほしいな〜〜!!!火薬ぶっぱなして欲しい。火力は説得力だからさ〜〜(?)(火薬バカ) 

 

すみません、ジャニオタになる前はライトな2次元オタクだったのでインスピレーションが2次元でほんと申し訳ないです。でも!アクションあり、カーチェイスあり、シリアスあり、笑いあり、な感じはバディものの刑事ドラマとか似合いそうじゃないですか???あーーイラストが描けてパソコンに詳しかったらMAD*1作ってるわ…。

 

Answer

こ、この曲も渋谷さんだあ~と思う。なんか「ハダカ」に続く曲だなと思う。

この3人に関しては「音で遊ぶオトナ」っていうイメージが強くて。良い意味で置いてかれるというか、むしろ置いてってくれ、そこに出来た道を私たちは追うから。みたいな(突然の謎ポエム)

いや、もう、さらに1ステージ上に行きましたよね。

歌詞分析は抜け出せなくなると思うのでしませんが、ほんとに3人ならどこへでも行けるんだなって思いました。

 

ノスタルジア

 Perfumeか?と思わせるイントロから始まったのは、超激エモMAX曲。この曲を聴いた時、卒倒しました。この曲コンサートで真面目に聞けるのかな…。昇天しそう。

はあーー、田中さん、蔦谷さんありがとう。

「飲み込んだ涙の味が甘くなくて良かった」なんて

 なんちゅう歌詞…

 

逃れられないメビウス

メビウス。ネットで検索すると、【メビウスの輪は、簡単に言うと「帯を半回転ねじって輪にした形であり、その上で線を書いていくと、裏面が無くまた元の位置に戻ってしまう形のこと」。「終わりなき・・」の意味に使用される】なんて出てきます。(検索結果のほんの一部ですが)。まさに∞マークそのものだな、と感じました。

4人の終わりなき進化を歌ってるんじゃないかな。

歌詞の冒頭の

遠い日の星祭り

はしゃいで寝転んだ 河川敷

天球儀をまわしては 僕らは宇宙と話していた

過ぎ去った季節に 消えてった街並み

瞼の裏にある景色

好きだって言えずに 静まった軒先

どこからか聞こえた花火

過去を懐古しているような歌詞。原点回帰ではないけど、それこそ30代に入って改めて「元の位置に戻って」思い出してるのかなと思います。あと、メビウスってもともと人名で天文学者なんですが、そこから「星祭り」なのかなと。

逃れられないメビウス 

と言っていますが、その次では 

変わってゆくって わかってたあの日

僕ら 走れるだけ駆け抜けた

強がって さすらって 戻れない場所で

今日も その続き を歌ってる

と書いてあるんですよ。個人的解釈ですが、前に進んでたつもりがメビウスの輪によって元の位置に戻ってしまわないように、必死に走って駆け抜けてメビウスの輪を抜け出して、戻れない場所(戻らないと決めてるのかもしれない)で、続き(=後の人生)を生きている。のかなと。今だから過去を振り返るけど、過去には戻らない、みたいな。私はそういう解釈で生きてます。

上3人の独特の絆があるように、下4人の絆も相反してあると思うんですよ。

上3人の「Answer」もこれまでを振り返った曲でしたが、「ノスタルジア」も下4人のこれまでを振り返った曲なんだろうか、なんて考えちゃいました。

 

 まとめ

上手く伝わってるかな…??

今回のアルバムはメンバー曲とユニット曲がメッセージ性が強く、いよいよほんとに音楽への意識が高まってきてるんだなと思いました。(下4人ユニットの楽曲制作は違いますが)

受け取るものが多くて大変でした。し、まだまだ考えることが出来そうな曲ばかりで深いアルバムになったのではないかと思います。

 

秋にペコジャニがレギュラー化しますし、関ジャニ∞は今まさに階段を駆け上がっている最中なんじゃないでしょうか。彼らの頑張りが報われますように。

最高の夏にしようね!!

 

 

 

*1:MADムービー(マッドムービー)とは、既存の音声ゲーム画像動画アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したもの。単に「MAD」と呼ばれることも多く、ネットコミュニティにおいてはもっぱらこの呼称が主流となっている。ただしパソコンCGソフトが普及した21世紀初頭には「手書き(描き)MAD」という用語が出現するなど意味の拡散がみられる。主にファン活動の一環として行われる」wiki 引用