いつでもまっすぐ

原石の話。

こんにちは〜〜〜!!!

全然感想が書けない〜〜〜!!!

春眠暁を覚えずとはまさにこの事〜〜〜!!!

 

とりあえず、寝る前にぽや〜と思ったことを書いて上げます。

 

 

 

安田さんは個人的に才能と感覚の人だなぁと思ってます。

多分努力は確実に人の何倍もしてると思うけど、良い意味でそれをファンの前に出さない。(私が知らんだけかもしらんけど)

私はファン歴が浅いので最初から「ギターがうまくて歌が上手くてダンスもそつなく踊れて曲もかける安田さん」だった。

だから、あまり努力というイメージがない。

ミュージカルの『M!』で才能が宿るのは肉体か魂か、という話があるけれど*1安田さんは完全にあの話のモーツァルトタイプだと思ってる。才能が安田さんというカラダに入っていて、その才能が大きくて安田さん自身がコントロールがしにくいほど大きい。安田さん自身でさえ、安田さんをわかってなさそう、というか。

(あくまで私個人の『イメージ』の話ですよ〜)

だから新年会のDVDでも原石の話だってそうだし、たまに言葉が相手に伝わりにくいのは完全に感覚で話してるからだろうなと思った。

私も感覚で話すタイプだから、友達と話してても言葉を一言ひとこと出すのにめっちゃ時間がかかるし、論理的に話そうとするとどもりながら話してしまう。それでもって会話のテンポが私で途切れちゃっていつも申し訳ない(笑)(だから文章で書く方が落ち着いて話がまとめられるのでラク)

安田さんは表で喋る人だから何よりも会話のテンポが大事なのかなと思うと、私は「ひぇー無理!!」ってなる(笑)

私は原石の話、わかった。というか安田さんの、あの分かってもらえない話し方にめっちゃ共感した。質問と答えがあってなくても、話の終着点が全然違う方向に行っても、あまりそこは重視してなくて何が伝えたいかというと、大体のイメージというか。原石はその価値が高いからみんな大事にする。その価値の高い原石を大事に扱うぐらい関ジャニ∞を大事に扱ってるよ、それぐらいに扱うほど関ジャニ∞が好きだよってことだと思う。(ってことですよね?(笑)またまた違ってたらすみません)

 

まあ、ファンも長年の?付き合いで安田さんが何言いたいかわかると思うし、私も別に日常で収録されてるわけじゃないんで時間に縛りもないし弁明する時間もあるから「分かってもらえないいいい!!」ってことは無いんですけど、まあ、たまに相手と思考回路が違うせいでああいうことあるよねって話なんですが(笑)

 

にしても、私のブログの書き方も頭にぽんぽん思いついたことを早く書き留めないと忘れちゃうのでどんどんベタ打ちで打ち込んで、全部書けたかなと思ったら見出しつけたり文章を組み直したりしてるので、最初から「話し言葉」で書いてるんですね。(だから1文がかなり長い)

頭の中のひとり言を書いてるので文章が読みにくいかも知れませんが、頑張ってるので大目に見てください(結論これ笑)

 

だだだっと書いただけなのでまた修正削除するかと思います!終わり!なんて雑!

*1:http://www.tohostage.com/mozart/index.html 東宝ミュージカル。音楽家モーツァルトの生涯を描いた作品。天才故に周りからの孤立、本当の自分とのかけ離れたイメージ、等で苦悩するモーツァルトを描く。才能とは、自分の心に寄り添って出てくるものなのか、それとも自分の心とは別に肉体から湧き上がってくるものなのか、という深遠なテーマを取り扱ってる

広告を非表示にする