いつでもまっすぐ

えいととかつん、ときどききんき

このごろ~自分のエゴをダラダラと~

ふとCD聴いてて思ったんですが、横山さんと村上さん、いい声してますよねっていう話です。

 

渋谷さんをはじめとする他のメンバーが強烈に個性があるので関ジャムとかはあまり目立たないですけど、二人の声はなかなかスパイスになってて面白いなと思います。

 

と、いうことで!こっからは私が好き勝手書きまーす!(いつもじゃんね!笑)

 横山さんの声!

横山さんの声って1番エイトの中でアイドルっぽい。

甘すぎてのどに絡むぐらい甘ったるい声してるなぁと思ってて(言い方)ベタベタになるくらいのウェッティな声って言うのかな。女性でそういう声の歌手ってそれなりの数いると思うんですけど、男性であれだけ甘ったるい声してるのなかなかいないんじゃないかなぁ?

あと、舌足らずな感じもアイドルっぽいのを助長させてますよね。

ここでいうアイドルは明菜ちゃんみたいな歌唱力バツグンだったり、モー娘。みたいなダンスバキバキに踊ります!みたいな感じじゃなくて、おニャン子クラブみたいなPOPで愛嬌のある感じ。

例えが古い(笑)

マジで奇跡の35歳・・・!!

「甘い声」じゃなくて「甘ったるい声」。

少し鼻にかかって、ベタつきさえも覚えるような声。それが魅力!!

 

そんな横山さんの声でおすすめな曲!

しかも割と最近の曲!

昔の曲をあまり知らないのは内緒!!!

お馴染み!錦戸さんとの「バナナジュース」!!!

どんなマイナーな曲かと思ったらそれかーい!!ヾ(- -;)ってコケた人もいるとは思いますけど、私の中で「毒の入ったPOP」認定を受けてる曲でして。一度ハマったら抜け出せない中毒性と、甘いお菓子に誘われたと思ってたら意外と欲にまみれた歌だったり。

なかなか可愛い表面とは裏腹に一筋縄ではいかない曲だなと感じております。

 

あの曲、テンパリングされて艶のあるビターチョコの錦戸さんの声と

f:id:akarazmade:20161109000839j:image

ピンクのストロベリーのカクテル(微炭酸)みたいな横山さんの声が(曲中ではイチゴは年下ボーイですけど)

f:id:akarazmade:20161109000815j:image

超マッチしたかなりの名曲だと思ってます!!(鼻息)

 まさにPPAP!!!(?)

☆横山さんポイント☆

  1. 「イケナイ美人さハニー」のねっとり感。まんまとしてやられた!!!くそ、かっこいい・・!
  2. 「覗く白い」の発音。「はだ」って聴こえるくらいの鼻にかかった感じ。気だるげな声に色気を感じます。
  3. 「元気の出るライブ」ではスタンドマイクだったので綺麗な手が良く映ってて手フェチにはたまらないと思いました。(私はそこまで手フェチじゃないんですけどね笑)
  4. 錦戸さんの声に反して、横山さんのスタッカート気味?な跳ねる声が好きです。(ただの告白)

☆ついでにやっとこ!錦戸さんポイント☆

  1. 出だしの「悶々なモーニング 寝不足の原因」を眉間にしわ寄せて歌ってほしい!(願望にすり替わってる)
  2. 「サバイバルに挑むんだ!」のとこ!なんかもうよくわかんないけど好き!
  3. 最後の「hey!」もうちょっと音量上げてくれ~(笑)
  4. ていうかもう声自体好きなんですよね(結局それ)歌い方は一番影響されてます。

この声を生かすのは! 

だからもっと横山さんの軽快なPOPな声を活かしたソロとかあってもいいんじゃないかなとこの頃考えてます。POPさで言えば我らが安田さんとの「Kicyu」も「cHocoレート」も二人の相性が良くて大傑作なんですけど*1、一回『横山裕』を史上最高にPOPなアイドルに仕上げてみたい!(誰目線だよw)

ConfUsion」みたいな曲もかっこいいんですけど、*2多分この曲は誰でもジャニーズだったらカッコよくなる曲なんですよ。「曲の魅力+個人の魅力」みたいな。

今回書きたいのは「横山さんじゃないとハマらない曲」を考えてPOPかなぁと思いました。それもちょっと毒のあるPOP、ね。

 

これまでの横山さんのソロ曲をまとめてみると、

  • 『cHocoレート』*3:安田さんに任せておけば間違いない説。まさにこれ!!「泣いてた」の可愛さ。毒は無いけど、聖子ちゃんと同じレベルでアイドル。
  • 『Fantastic Music』 *4
  • 『WONDER BOY』*5:これは水曜日のカンパネラぽい。声色の違いをうまく使った一曲!
  • 『413man』*6:平等に曲だけを見ると、kichuもそうだけどエピソードの持ち出し方が独特。そこに横山さんの世界観があるのかなと思う。
  • トリックスター*7:初期のW-ind.s感がすごい。さすが葉山さん。

 wiki参照しました。間違ってたらすみません(>_<)

 かなりバラエティに富んだ選曲。

 

ユニット曲はというと、、、、、

おおおおお多い!!!!!!

エイトさん、ユニット多いんですよ!!!!まあまあ多いんですよね!

検索してみたら私が聴いてないユニット曲がまあーーーーあることあること!!!!(聴かねば・・・)

私がファンになった時点でもうデビュー10周年超えてましたから、そりゃあるんですけど。沢山あった方がいいんですけどね!!横山さんに関してだけでも載せるの面倒大変なんで「横山裕 ユニット曲」で検索してください!そしたらマメなブロガーさんとかがまとめた記事やら何やら出てきますし。うんうん。はい解決!(cv.ペンペン校長)

 

そんなこんなで横山さんの歌の遍歴をちょろっと遡ったんですが、

横山さん、もっと歌おう!!!

うん、関ジャムでももっと歌おう!横山さん単独ボーカルのとこを見たことなくて。(もしあったらすみません)見たい!

村上さんは久保田さんプロデュースのシャレオツな曲貰ったし、横山さんも中田ヤスタカさんあたりにプロデュースしてもらおう!!

ヤスタカさん関ジャム出演もしたし、そこからの流れで「関ジャム連動企画!!!横山のソロ曲ドキュメンタリー」みたいなのを関ジャムのミニコーナーで5~10分くらい流すのアリだと思うんだけどな!!(じたばた)なんなら企画書作って送りつける!!!(だまらっしゃい)

無理かなぁ〜横山さんのテクノポップ聞きたい〜。それかアメリカのお菓子みたいな曲(どんなのw)みたいなのもいいと思いますけどね!

 

頼む〜偉い人〜〜。というかぶっちゃけ35歳、これが可愛い曲が歌えるの最後のチャンスだと思うんですよ!!!!(机バンバン!!)

 

 余談!

余談ですけど、この記事を書くにあたって自分の持ってる限りの各ソロ曲ユニット曲を聴いてみたんですけど、村上さんのソロ良いですよね!!!

一番私好みなんですよ。特にこの3曲。

  • One's shadow*8:これも大人な感じ。村上さんは都会的な歌が似合う。ガサツな?パブリックイメージもあるけど、スマートでセレブリティな感じも絶対似合う。この曲はラテンな感じもするし、イタリアかスペインで美女とフェラーリに乗ってサスペンス・アクション映画撮ろう。あと、最近クロニクルとタカツキングばっかり聴いてたのでちゃんと英語の発音できます、と再確認できる。
  • Dear... *9:バックコーラスが良き。村上さんの「i」の発音が素敵。
  • 王様クリニック*10:歌詞は???という感じなので置いといて、声とメロディーに集中すると久保田さんにお願いして正解。企画した人に金一封ものです。「にゃんこになってはネコババ」の歌詞の可愛さ(笑)

 

あと、村上さんで忘れてはならないのが「YOU CAN SEE」。MVはひょっとこや「ドッキリ」でカッコいいのかシュールなのかよくわかんない感じですけど。

流し目の丸山さんとベストを着た村上さんがクールな曲。私の中でこの2人は「セクシー裏番長」なんですよね。やっぱり王道のtornは目に見えてセクシーだし、コンサートで腰なんか振ったらドームが揺れると思うので表向きはこっち2人なんですけど、私には村上さん丸山さんの方がセクシーだと思います。

なんでって聞かれたら答えられんけどね・・・(笑)

 

この曲は曲自体魅力的なタイプの曲で、あまりテクニックを駆使して歌いあげる感じじゃない。それが冷めた印象を与えたり、余裕しゃくしゃくな印象を生むのかな。

これが1パターンでしか披露されてないの勿体ないな〜。確かに毎回コンサートで同じ曲をやるのも飽きるのは当然なんですけど、一回しか披露されてない+まだ一回も披露されてない曲っていうのも沢山あるので新曲も大事だけど過去の名曲も忘れないでね〜って思いました(笑)

 

おわり

関係あることから関係ない小話まで結構書きました。一つのことを書こうとすると、関連することも芋づる式に出てきちゃうので曲について書くよりも人について書く方が大変だなと改めて感じました。

 

そして結構好みをこれでもかとぶちまけましたが、これに共感してくれる人いたらいいなあと淡い期待を抱きながらおしまいです。

 

*1:と言いつつ、お世話になってるレンタル屋が最新シングルとパズル以降のアルバムしか置いてないというポンコツなのでcHocoレートはあまり聴けてないです・・。

*2:某動画サイトで見ました。音源化されてない?(;_;) もー!!!!!ww音源化されてない曲も多いよ!!wちゃんとしてwww 

*3:作詞:横山裕、作曲:安田章大

*4:関ジャニ∞のライブ・ビデオ『47』(2007年)に収録

*5:(作詞・作曲:磯崎健史) - 関ジャニ∞のアルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』(2007年)に収録

*6:(作詞:横山裕、作曲:大西省吾) - 関ジャニ∞のアルバム『PUZZLE』(2009年)通常盤に収録

*7:(作詞・作曲:葉山拓亮) - 関ジャニ∞のアルバム『8UPPERS』(2010年)通常盤Disc-2に収録

*8:(作詞:capitao・作曲:樽木栄一郎) - 関ジャニ∞のアルバム『PUZZLE』(2009年)に収録

*9: 関ジャニ∞のシングル『LIFE〜目の前の向こうへ〜』初回限定盤B、関ジャニ∞のアルバム『8UPPERS』通常盤Disc-2に収録

*10: (作詞作曲:久保田利伸) 関ジャニ∞のシングル『パノラマ』に収録