読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでもまっすぐ

えいととかつん、ときどききんき

シン・ゴジラ感想

皆さんこんにちは。ゆきです。

 

シン・ゴジラ大ヒットしてますね!!!!

 

東京のほうでは発声可能上映もあって、うちわやコスプレをしてきた人もいたとか。

私も流行りにはガンガン乗っていくタイプなので見てきましたよー!!!!

 

超良かったです!!!!(語彙力皆無)

 

ていうか最近ジャニーズや関ジャニさんのことでブログ書いて無くてすみませんね・・・。

感想や萌えポイントを書いていこうと思います。

さあさあ、こっからはネタバレあるのでご注意願います!!!

 

 

 

 

一応公式サイト見てもらえると助かります。

www.shin-godzilla.jp

 

①キャストの豪華さ

主演のキャストも長谷川博己、竹ノ内豊、石原さとみ高良健吾・・・と豪華なんですが、それだけではありませんでした!!!

前田敦子さん、1分も出てません。

片桐はいりさん、1分も出てません。

斎藤工さん、2,3分出てすぐ死にます。

古田新太さん、5分も出てません。

その他紹介しませんが「ここの瞬間にこの人出てる!!!」みたいなのがとても多い!!

ちなみにゴジラ役は野村萬斎さんなんですが、グリーンバックで萬斎さんががおーってやるのを想像すると可愛いですね(笑)。

②サントラ

ストーリーもすごくいいんですが、それをさらに盛り上げてくれるのがサウンドトラック!!!!

 

ここは庵野監督のゴジラ愛を感じられ、歴代のゴジラシリーズの楽曲がふんだんに使われています。歴代のゴジラ楽曲が使われることによって、いままでのゴジラファンにはたまらないものとなっています。私はというと今回初ゴジラだったんですが、有名な曲が多いんで、今までの人生のどこかでゴジラ楽曲を聞いていたんですよ。

だから曲を聞くことによって自分の中に植え付けられた恐怖を呼び起こされるんです。

また、エヴァで「ヤシマ作戦」として使われていた曲も使われてるのでそこも聞きどころでした。

総じてオケか吹奏楽で吹きたい・・・。ティンパニを叩きたい・・・・。

 

③官僚

主人公?が内閣官房副長官という役職、「ニッポン対ゴジラ」ということもあり、日本の内閣府や政界内での話が中心となる訳で、官僚がものっそい沢山出てきます。

色んなスーツが見れるよ!!!!

スーツ大好き芸人としては大事です。(どん)

あとですねー、みんな色んなコネや知識や政治的手腕を持ってるんですよ。

閣僚、官僚なんて日本のエリートの集まりだから。

だからみんな仕事がデキるので、見ていて気持ちよかったです。

コネもまっとうな人間がまっとうな理由で使うのですごくカッコよく見える!!

映画見た後に私は「官僚になりたい」と思いました(笑)。

「総理!!ご決断を!!」っていうセリフが何回か出てくるんですが、一緒に見に行った友達と二人で流行りました(笑)

あと、我らがさとみこと石原さとみちゃんもスーツで出演してるので必見です。

さとみちゃんのセリフで「で、ZARAはどこ?」っていうセリフがあるんですが、絶対ZARAにその服は売ってない!!っていう高級服も拝めます。

高良健吾がかっこいい

高良健吾×スーツ=絶対的正義

これに尽きます。

どんなにゴジラに街を破壊されようともいつでも清潔なスーツで登場。

揺るがない。

⑤文字

エヴァの「使徒襲来」みたいな(エヴァについて何も知らないんで違ってたらすいません)明朝体の文字で、初めて登場の人物とか地名とかの文字が画面上に出てくるんですが、それがかっこいい!!

文字を入れることによってこんなにカッコよくなるとは。さすが庵野監督。

見た人はわかるんですが、日本の憲法が画面一面にばーっと出てくるシーンが超好きです。

 

 

その他もろもろ、注目すべきキャラやポイントが沢山ありますが、今回はここで止めときます・・・。無念。

泉ちゃんやヒロミちゃん、ラストシーンの考察など・・。

では!!

 

 

 

広告を非表示にする